海外fx会社を探す時はスプレッドを確認しよう

平均スプレッドを参考に海外fx会社を選びましょう

money.site

規制が少ない海外fx

日本のfx会社よりも規制の少なく自由度の高い海外fxを利用する方が増えています。日本のfx会社を利用したことはあるけど海外のfx会社のことをよく知らないという方のために、口座開設の流れを紹介していきます。

口座開設の手順

利用する会社選び

海外fx会社はたくさんあるので、自分に合った所を選びます。利用する会社が決まったら、その会社のホームページの中から口座開設ページを探します。見つかったらそこに必要となる事項を記入しますが、会社によって記入する項目が違います。

書類の送付

口座を開設するためには、本人確認書類や住所証明をするための書類が必要となります。この時に注意しないといけないのが、会社により確認可能となる書類が違うので、利用する会社が対応している書類を確認して送るようにしましょう。

口座開設

以上で口座開設が完了になりますので、簡単に開設することが出来ます。利用する会社によって違う手順が発生することもありますが、基本的にはこれで口座を利用することが可能になります。

海外fx会社を探す時はスプレッドを確認しよう

貯金箱

レバレッジの高さ

海外fxの魅力といえばなんといってもレバレッジの高さです。日本だと規制の影響などにより最大25倍までしか取引高を利用することが出来ません。ですが海外fxだとレバレッジに関する規制がないので、400倍や600倍中には888倍まで取引高を利用することが可能となっているので、より大きなお金を操作することが可能となります。

便利なゼロカットシステム

fxの市場は常に変化し続けていますが、時には急激な変動が起こります。この時に心配するのが追加証拠金です。残高がマイナスになってしまった時に出た損失を請求されるのが普通ですが、海外fxではゼロカットシステムによりその心配がいりません。なので口座に残っているお金以上に損をしてしまってもマイナスになることはないということです。

ディーリングデスクの有り

日本のfx会社の多くは、トレーダーとプライス供給元の間にディーリングデスクという顧客からの注文などを管理している部署があります。これにより何が起るかというと、トレーダーが利益をあげたらfx会社が損をしてしまうのです。なのでfx会社が利益を上げようとするとトレーダーに損失を負わせなければいけないという利益相反関係が出来上がってしまいます。

ディーリングデスク無し

ディーリングデスクという存在がない海外fxでは、トレーダーとプライス供給元が直接つながり取引を行ないます。なので株式取引と同じように市場参加者などと取引を行うことになリます。なのでディーリングデスク有りの取引よりも公平な環境で取引を行うことが可能になります。海外fxに興味をもった方は利用する会社を選ぶと思いますが、自分が取引する通貨のスプレッドを必ず確認しましょう。

広告募集中